第3回 子供の権利を守る為の慈善パーティーと意見交換会 平成28年10月2日

各 位

 

皆々様には益々ご健勝のことと存じます。

さて、突然ではございますが、この度、特定非営利活動法人 絆・チャイルド・ペアレント・リユニオン(絆CPR)主催による「子供の権利を守る為の慈善パーティーと意見交換会」を開催することとなりましたので、ここにそのご案内を申し上げます。

私達、絆CPRは、離婚もしくは別居家庭という片親監護のもとで育つ子供の心身に於ける悪影響を、水面下に眠る重大な社会問題と考え、欧米各国と同様に共同親権の法的導入、面会交流の安定化を目指して活動しております。

2014年、日本は欧米各国にはるかに遅れた形でハーグ条約に加盟しました。

しかしながら、日本特有の戸籍制度・単独親権などの壁が立ちはだかり、条約加盟後も離婚・別居家庭の子供たちは監護親と裁判所の命令の元、もう一方の親に会えないまま幼少期から青年期を過ごさざるを得ないのが実情です。

その為、心を閉ざす子供や人間関係に大きな不信感を抱き社会生活を十全に送ることができない子供も数多くいます。

私達は多くの政治家や法関係者、心理学者との交流から、安定した面会交流を行っている子供とそうではない子供との間に社会適応についての格差があることを知り、この問題についての社会の認知度を高めるために街頭活動や各国報道陣を通して活動を行ってきました。

そして今、この問題に対する政治の取り組みを促すべく、「親子断絶防止法制定」に向けて広く社会への呼びかけを行っております。

今回で3回目となる「子供の権利を守る為の慈善パーティーと意見交換会」は、この「親子断絶防止法」をテーマに、元衆議院議員 三谷英弘氏、そして千葉家裁松戸支部にてくだされた「面会交流」に関する前向きな判決を自ら経験した当事者の方をゲストとしてお迎えしての開催となります。

つきましては、数多くの皆様、教育関係者の皆様、子の心身育成に関心をお持ちの皆様等々に多数ご列席を賜りますことを望んで止みません。

詳細につきましては別紙に記載がございますのでご覧いただければ幸いです。

 

今後共、皆々様のご活躍とご健勝をお祈り申し上げます。

 

 

平成28年9月

 

 

特定非営利活動法人 絆・チャイルド・ペアレント・リユニオン

 

代表    ジョン・ゴメズ

 

 

 

第3回 子供の権利を守る為の慈善パーティーと意見交換会

 

 

 

日時:平成28年10月2日(日) 午後1時~午後4時

 

場所:東京都港区南麻布5-11-12 東郷ハウス301

 

参加費:10000円(軽食、ドリンク代含む)

 

参加申し込み期限:平成28年9月30日(金)

 

申し込み方法:期日までに下記宛にメールかファックスをお送りいただき、参加費をお振込みください。

 

参加費振込先:みずほ銀行 東久留米支店

       普通預金 特定非営利活動法人 絆・チャイルド・ペアレント・リユニオン

                                www.kizuna-cpr.org/donations

 

ファックス:03-3722-7787

メール: info@kizuna-cpr.org

※お名前、参加人数、ご住所、携帯電話番号(もしくは連絡が可能な他の電話番号)をご記入の上、ご送付願います。

 

お問合せはこちらまで・・・・090-8476-6599(後藤)